昨日: 今日:

2013年04月

2013通常練 11 (マリエン)

4/20(土)曇りのち雨
メンバー…16名 見学…なし



本日は久しぶりのマリエンで 練習です。

最初に『蓋』のコンテが配られました。パレードだというのに、今だかつてこんな詳細なコンテが配られたことがあったでしょうか!(執筆に30時間かかっているのだとか!)

コンテには最初の並び順だけでなく、斜めになった「はりぼてフォーメーション」、BU&BDの前後はどこで別れるか、など情報が満載です。自分がいつ、誰の隣になるのかチェックしておきましょう。

午前中は『蓋』のステップ発表がありました。前後の間隔やBU&BDが反対になるなど細かい変更点がありました。前の週に練習に参加した人は要注意です。

お昼を挟んで午後からはブラピステップやGのオープンクローズの練習をしました。Gの動きは、自分の動きを蛍光ペンで色分けして書き込むと良いでしょう。

その後の合奏練習では『蓋』の4小節追加(121~124をリピート)などを確認しました。シンバル姉さんが修正済みの音源をアップしてくださっているので、新しい音源で暗譜しましょう。

フリーの時間を挟んで終了です。帰る頃には雨が降っていて寒かったです(>_<)

本番の2週間前くらいになると疲れがたまって体調を崩しやすかったり、ケガをしやすい時期かと思います。不調があるときは無理をせず、できることからがんばっていきましょう(・∀・)ノ (ふく)

2013平日練 7 (祖師谷区民集会所)

4/17(水)晴れ
メンバー…2名(二瓶・新井) 見学…なし



今日は新井さんと二瓶の二人で平日練でした。
場所は池尻地区会館、新しい施設ですごくキレイなところです!
第三会議室は狭い部屋でしたが、楽器練とステップ確認なら問題なし!
新井さんは蓋のステップ中心の練習でした。帰る頃にはしっかり体にステップが染み付いてましたので、次の練習の時に披露してくれることでしょう(^.^)

二瓶は今回パレード用に新マッピを買ってきて基礎練と暗譜中心でした。
もうバランスを捨てて高音域マッピにするしか今回のパレードを乗り切る方法がないので、何とか本番までに調整を済ませたいところです。

さぁ本番まで三週間を切ってます!
みんなで絶頂を迎えられるよう頑張りましょう!(笑) (二瓶)

2013通常練 10 (こみゅにてぃぷらざ八潮)

4/14(日)晴れ
メンバー…16名 見学…1名(Cl)



午後の練習前、朝倉さんと三神さんの名演でハッピバースディの合唱!この日はみゆきさんの誕生祝いをしました。調整会議への出席や打ち上げの仕切りなど演奏面以外でもお世話になってますみゆきさん。いつまでも魅力満載でいままで以上にロマを後押しして下さい!


もう一つこの日心に残ったのは「合奏の時間は自分の譜面を追う時間ではなく、"キッカケ"を探す時間」であるということ。一言"キッカケ"としてしまうとロマの場合だと動きのキッカケだったり自分の演奏との兼ね合いということになるでしょうが"キッカケ"ってその曲の"肝と肝を繋ぐ繊維"のような気がしました。

どんなに立派な肝があってもキワだった繊維でしっかりと繋がってなければ中身がテンでバラバラな身体みたいな。今回の曲に限らず常に"キッカケ"を感じ取ることが出来ればみんなの音がさらに寄っていって厚みのある演奏になるのだろうと思いました。

この日は沿道へのアピール度がより高いと思われる「蓋」の演奏・ステップをメインに練習は進行しました。
「蓋」は 前方との距離感を掴まないといけません。当然ポイントなどというものは貼ってなくしかし回ったり縮まったり広がったり一拍一歩二拍一歩も当たり前なので指定の歩幅をキープすることはかなり難易度が高いと思いますが、普段の全体練習でその辺り気を配っていければ本番でも慌てることなくパレード出来るのではと思います。 これを書いている時点で広い場所での練習はそうはありませんがなるべく距離感をたたき込んで本番に望みましょう。 (新井)

2013通常練 9 (こみゅにてぃぷらざ八潮)

4/13(土)晴れ
メンバー…13名 見学…1名(Cl)



先週に、引き続きまみこりんがお届けします。

今日は、『蓋』のパート練習から始まりました。メロディーとPerc.にわかれて練習をしました。
メロディは、京子さんがリーダーとなり、まず譜面を見て歌ってそれを見ずに次は歌うというアプローチをして練習をしました。少しでも早く暗譜をして音楽に集中するために必要な方法ですね。メロディも部分部分に、区切られているので少しずつ繋げて覚えましょう。もちろん、歌詞も一緒にですよ(^_^v)♪
練習が進んで来たら、「『新しく出来た店も気になるし~♪』から、と歌詞で指示することもあるかもしれないので覚えておくように」、と浜田さんからありました。

次に、『蓋』のステップの確認です。ブラピステップの正式な発表がありました。なんと、金管の方もやるかもしれませんっていう浜田さんからのお達しが…金管の人でまだ発表受けてない方は要確認!!です。発表を受けた人は何拍目にこの手の動作をするとか人に説明できるようにしてください。


今日は、れなちゃんがクラリネットの見学者さんを連れてきてくれました。なんでも、れなちゃんの会社の新入社員だとか…。名前は、中野なるみさんキレイで可愛い女の子です。早速、浜田さんが「なるみん」と命名しました。
一緒に、パレード曲を木管のパート練習をしました。初見楽譜を、なんのためらいもなく軽々と吹いていました。久々に聴いたクラリネットの音色思わず聴き惚れてしまいました。あぁ~♪( ´▽`)やっぱり、クラリネットっていぃなぁ。って合奏してて思いました。そして、そして、そんなこんなで、金パレ参加を即決!してくれました。なんて、素晴らしいんでしょう。一緒に参加できて幸せです(((o(*゜▽゜*)o)))ありがとうございます。そして、連れてきてくれたれなちゃんありがとうございます。

金パレまで、あと約2週間です。暗譜やらステップ確認頑張りましょう。 (まみこ)

2013通常練 8 (希望ヶ丘区民集会所)

4/7(日)晴れ
メンバー…11名 見学…3名(As1名・Perc1名・CG1名)



本日の日記担当は、久々に登場した道下でお送りします。

本番4週前となったこの日は、賛助さん、見学者さんを含め、約20名ほどの練習でした。
当初は河川敷での練習予定でしたが、前日夜から当日にかけて大雨、強風が続くという予報のため、急遽練習場所が変更に。隣に図書室という、音出ししていいのかな?という不安を尻目に、練習は始まります。

この日の練習は、合奏~ユニゾン毎に別れてパート練習~再び合奏~ステップ(!?)発表の流れとなりました。
ちなみ低音チーム(Bs&Sou)は…

低音組は隣の小部屋(調理室かな?)を無断で独占し、「絶頂は今」のブレスをするタイミングや各二曲のリズムを再確認したり、苦手箇所を相談するなど即実践に役立つ内容が濃いパート練になったと感じました。
最後演奏を通してみて暗譜が足りないと痛感しました。まだ、やれることはたくさんあります ・・・。 (Sou 隈)

でした。他のパートの様子はここからTs まみこに交代です。


**********************************************************************


メロディーパートでは、TpとSaxが集まり『蓋』のメロディーをはじめから歌いそれが楽譜どうりにちゃんと歌えているかどうかを、北田さんがリーダーとなりチェックしました。
3連符で記譜されているため、リズムとりが難しく、間違ってしまって覚えてしまうと修正が難しいからということでした。基本は、3連符がタイでつながっているところを外して考えるようにするといいようです。
最初はまず歌ってそれが出来たら、次はエアーで指を動かす!そして、最後は楽器をつけてTRYするようにと浜田さんからありました。まさに、コンテを覚えるのと一緒のアプローチですね♪さすが、浜田さん!って、私は思いました(^O^)
みんなで順番に歌ってみましたが、歌えている人もいれば歌えてない人も…。歌と微妙に違う部分があるようなので皆さん譜面をしっかり噛み砕きながら覚えましょうf^_^;

見学者の久野くんももちろん参加しました。初参加とは思えないぐらい馴染んでいてメロディーを歌ってくれていました。サックスを演奏するのは小学校以来でということもあり運指表を見ながらやっていたわりには、音も出ていて一緒に吹いていても違和感ないぐらいでした。最後に、感想を聞いたら「楽しかったです!」って言ってくれたので良かったです。そして、久野くんの楽器がなんと、私と新井さんが持っている「アンティグア」だったということが発覚し3人で記念撮影をしました。

SAXパート





以上、フリー練習のSaxパート日記でした。 (まみこ)


**********************************************************************


再び、全体の練習についてです。

パート毎の練習で特に注意と指示があったのが、細かなアーティキュレーションの違いですね。
ポップスなので同じメロディが何回か出てきますが、その同じメロディでもそれぞれ細かな違いがあります。
もちろんそれはちゃんと理由があってのこと。正確に表現できるようにと、まずは歌合奏から入りました。

2回目の合奏では、『蓋』の89小節目~で面子もちょっとしたステップを入れるための発表が。
キーワードは「ブラッド・ピッド」、「スターバックス」、「街まで歩こう」です。
まだ面子がどこまでのめり込むかは定かではありませんが、そこは浜田さんのこと。極限まで攻めの姿勢を貫くでしょう(笑)

最後は『蓋』のステップ発表。
セグメントを基に、本番に見立てて4列に並んでの発表となりました。(前後がちょっときつい、、、)
ポイントとなるのは、右止め、拍ずれの個所でしょうか。
まだ配置が決まったわけではないので、この日にやったことはあまり定着させないように(!?)



最後に、練習の合間にあった印象に残る話をいくつか、、、

~「音」と「動き」~
マーチングにおいては、「音」と「動き」で音楽を作り上げていきます。
CGチームは、「音」はほぼありませんが「動き」で表現するポジション、Percチームは「動き」は難しいけど「音」で全体を支えるポジション、
そして面子はその中間、ということ。
もちろん、誰が難しいとか偉いとかではなく、これらのチームが協力して1つの音楽を表現するのが「マーチング」なのですね。

~「譜面」と「コンテ」~
一見別々のもののようですが、コンテは「音楽」を動きで表現したものなので、譜面とコンテは切っても切り離せないものです。
今回発表のあった『蓋』についても、注意してみると、同じセンテンスは同じ動きをしています。
なので、この2つを別々に暗記しようとするのはお勧めできません。
まだ現時点では右往左往かも知れませんが、曲が身にしみてきたら「そういうことか!!」となります。


前日とはうってかわって台風一過のように気持ちよく晴れた日となりましたが、本番もこれくらいスカっとした天気(暑くない程度)になってほしいですね。 (道下 ←休場明け
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
独自ドメインの取得

Copyright エステティック ロマ All Rights Reserved.