12/27(日)晴
メンバー…38名 見学…5名(Fl1名&As1名&Ts1名&Tp1名&Photo1名)


年内最後のロマ練習。昨日は疲れもあってかややグダグダした感もありましたが、この日はラストという区切りにふさわしい人数&内容になりました!

何とか年内に「通し」という形にしておきたいと考えていました。でも今日から参加のメンバーや見学者さんもいます。それに肝心のロマメンバーも一部出席率が悪く、先へ先へと進むことは難しい…。ここはグッとこらえてコンテ発表と同じペースからやるしかありません。この繰り返しが辛いところ。

それでも合奏は基礎合奏から。動きも基礎練習から。ここを外しては結局参加者の「アンサンブル」など望めません。限られた時間で伝えたい事・伝えなければいけない事を熟考して指導しました。演奏時の「タッピング」「フレージング」「ベンディング」の意味やコツ。それらの観察や演奏へのフィードバックなど。ロマでの動きのスタイルの「形」と「意味」。特にRMの足の動きやDC時の軸足スピンと次の拍とのタイムラグなど…。(字面だと「??」ですが実際の練習では噛み砕いて、実演や例えを交えながら指導しています。)
こういった地道な指導が根付くといい「アンサンブル」になるんですが。どうなるかは皆の意識次第かな。

コンテは前述のように出来るだけ「通し」へ。でもご新規さん&不慣れなメンバーのペースも考慮して…というアクセルとブレーキをどちらも目一杯踏み込んだ感じの展開になりました。エネルギー使うんよね。

その甲斐あって『OG』『Into~』『マジダン』『ゴブリン』まで今の段階での「通し」が出来ました。まだ映像は見てないけど、オフの手材料を用意出来たことはとても良かった。皆、よく頑張ってくれました。

見学に来てくれた人もそれぞれ良い人ばかりでした。ここから何人が『Nov!~』の舞台に立ってくれるのか…。相手あってのことなので何とも言えないけどロマの長としてやれる限りのことはやったつもり。だからどんな結果でも悔いは無いですね。無駄ではない、いい時間を過ごせたと思っています。


練習後のミーティングでも言いましたが、「プラスも見ていきたい」。
どうしても「いない人」「出来ないところ」などマイナスな箇所を見詰めないといけない。でも同時に「頑張ってくれてる人」「どんどん伸びてる姿」なども認めてあげたい。特に俺は前に立つ人間としてその両面を忘れないようにして行かなければ、と思っています。

妄想や空想かもしれない。でも

皆が同じアツイ想い&全力で、

3/7(日)を迎えて欲しい。そうすればとんでもない素晴らしいものが出来るから。そしてそれは費やしたエネルギーよりももっと大きな感動に繋がるから。約束します。

そうして一つの大きな『輪』になって喜び合うメンバーの姿を遠くから見守りたい。それが最後の王様の務めやと思うし(ラストシーンの白フクロウのように)、そのために出来る事を出し惜しみせずに精一杯やります。

年内最後という区切りやから、ちょっと大袈裟に書いてみました。それでは皆さん良いお年を。 (はまさく)