12/10(土)晴れ
メンバー…16名 見学…なし



日記担当の道下です。日記はかれこれ4回目?ですが、この日初めてMS唱和しました。

この日は急遽練習が追加となった日のため、あまり人が多くないかなぁ、なんて思っていました。
最終的には15人位と思ったより多く、11日(日)に参加できなかった人とも一緒に練習できて盛り上がりましたね♪
練習の手配をしてくださった皆様、ありがとうございました m(_ _)m

【本日の流れ】
この日は遅刻、早退の方も割といたため、合奏やステップ練習は人が集まりやすい中盤の時間帯に集め、序盤・終盤は主に個人での譜読みや手話練習となりました。
中盤の合奏は、日が経ってしまったためかあまり順番を覚えていません…
あ、もちろん合奏の要点はちゃんと抑えてますよ(汗)

【全体周知】
12月16日(金)の本番は、オールスタンディングとなります。
恋のダイヤル6700のTp&Tbのパフォーマンス?が見られなくなってしまったのは残念ですが、座奏より曲に乗りやすくなったかも?

また、当日の要項も本日配布されました。
今回はちょっと朝が大変な人もちらほらいたり…

【全体】
音楽的な面では、強弱(dim.やらcresc.やら)とアーティキュレーションに気を配りましょう。
これは今までの合奏でも浜田さんが口を酸っぱくして言っていることですが、今一度見直してみましょう。

『会いたかった』
全体的にマルカート気味です。
ステップがついている都合上、メンツの方はテンポが落ちやすくもあります。
ドラムが速く感じるかもしれませんが、今回はドラムが正解ですので、それに合わせていきましょう。

とにかく楽しそうにやるのが一番のキモですね。
ステップ的にはまりやすいのは、[D]2回目の9小節目の入り、[D]の11~12小節目でのB-upキープでしょうか。
全体的に、上下動を入れるといい感じですね♪

『クリスマスメドレー』
今回のイベントのメインであり、音楽的にも一番歯ごたえがあると思ってたりします。
曲のつなぎ目は指揮をみて乗り遅れないように。指揮の振り方は過去ログに細かく書かれていますので、ここでは割愛します。
また盛り上げ所や落とし所、速度の変化も曲のつなぎ目に多いので、ご注意を。
速度の変化でいえば、一番難しいのは[Q]のaccelですね~。
ここで十分に加速しないと、[S]が物足りないものになってしまいます。(by浜田さん)
実際に[S]まで到達しないとそれがわらかないというのも、ちょっと怖いところでしょうか。

『恋のダイヤル6700』
アーティキュレーション。
 以上。

…だと寂しいので、一言だけ。
最後の小節、西野さんが盛り上げてくれるところ、ちゃんと指揮を見ておきましょう。
当日何かやってくれるのではないだろうかとこっそり期待(恐怖)していたり、、、

『ミスター』
音楽的には比較的易しい方ですね。
KARAならぬNORA'sのパフォーマンスに合わせて軽快に行きましょう。

『TOKYO LOVE』
この合奏をやると言うだけで溜息が聞こえてきそうなほど譜読みが難しい曲です。
#が4つなんて見たことない、未知の領域です。
ちゃんとハマればカッコいい曲なので、臨時記号落としたりということは考えず、曲にノって行きましょう。

『家族になろうよ』
これについては、一番原曲を聴いて曲に対するイメージを作っておくべき曲かなと個人的に思っています。(他を聴かなくていいよ、というわけではないですが)
[A]と[H]の前の静寂、[E]、[L]、[O]の前の盛り上げも、原曲を聴いていれば自然にそうなりますね。
歌詞もとてもいい曲なので、個人的には好きな選曲です。

『ありがとう』
細かい点については、あえてここでは書きません。
各自、アクセントのある個所をよく見直しておきましょう。

歌唱の方は、出だしの「どんな~」と、「神様~ありがとう」の歌い方がポイントですね。


【最後に】
最後に、と言いつつ、個人的な私信(ダブり)みたいになってしまいます。

今日は全体のチューニングをやらせていただきましたが、、、頭の中が真っ白であまり記憶にありません。
普段全員の前でメンバーをまとめている浜田さんはすごいなぁ、なんて思ってしまいました。

今年は自分が入団してからわずか4ヶ月足らずで4回も本番に出ていますが、今回はその総決算ともいえるステージですね。
色々思い出すこともありますが、それは忘年会にでもとっておきましょう。
あと一息ですので、力の限り完走しましょう。 (道下)