3/18(日)曇り
メンバー…19名 見学…なし




1.合奏
午前中は合奏です。

・闇の洞窟・試練の塔
この曲は試奏譜が出来上がっています。
打ち込み隊の皆様ありがとうございます(^^)/

注意点は以下の通りです(自分のパート中心ですみません(>_<))
・GPから44小節目の入りは、一度止めてから予備拍2つです。
(44小節目の最初から音があるのは笛隊だけのようです。がんばりましょう)
・45小節目からメロディーラインはマルカートです。
・83小節目の2拍目はff、84小節目の1泊目はpです。この違いをハッキリ出しましょう。
・86小節目からは92小節目に向かってクレッシェンドしていきます。
(91小節目から入る笛隊は音量MAXで飛び込みましょう。)


・冒険の旅
この曲も譜面が出来上がっています!

今回私はピッコロなのですが、音が最後の方の6小節しかないという
奇跡の譜面を頂いたため、注意事項が分かりません。すみません。
金管の皆さんはいろいろ指示あったと思うので、同じパートの方に
聞いてください。よろしくお願いしますm(__)m

ちなみにフルート譜はほとんど休みのない譜面になってますので
来週には奇跡の譜面じゃなくなってるかもしれません(笑)


・戦闘のテーマ
戦闘のテーマは合奏しているうちに館内放送が入り、
和太鼓の演奏が始まったためお昼休憩となりました。

お昼、ポイントはりをはさんで、午後は戦闘のテーマから始まりました。

・6連符の練習のやり方
戦闘のテーマの22、23小節目の6連符を練習しました。
(1)まず六連符を表拍・裏拍の3個ずつに分けます。1小節で3連譜×8個になります。
(2)それぞれの頭の音だけ吹いてみます。(普通の八分音符みたいに)
(3)前半の3個だけ吹いてみます。(3連符・休み・3連符・休み)
(4)後半の3個だけ吹いてみます。(休み・3連符・休み・3連符)
(5)前半3個(表拍全部)+後半1個(裏拍頭のみ)とつなげて吹いてみます。(4連符・休み・4連符・休み)
  このとき拍頭がずれないように注意します。
(6)だんだん音符をつなげていって6連符にしていきます。
  絶対に頭拍がずれたらダメです。


2.冒険のコンテ練習
冒険のコンテ発表は後半のNo.9(スライム終わり)から始まりました。
・No.9はきれいに整列しましょう。とくに一番右の列が目立ちます。
・No.10の拍ずれは隣の列につられないようにしましょう。
・No.11では、偶数番号の人はためらわずに列に入りましょう。

そしてNo.14でとうとう「奇跡の4人」が登場します!
戦士、魔法使い、賢者、バイク屋です!

最初の方は4人のうち2人しかいなかったのに、
練習が進むうちに続々と集結してNo.14に進む頃には
4人そろっているという、まさに奇跡☆

この「奇跡の4人」は残りのメンツと対峙し、No.15では逃げ出しますが、
最後にはメンツが作り出す門を駆け抜けて冒険の旅に出ます。
しかも門は閉まってしまい、後戻りはできないという演出付き。

個人的には「あの4人はこれからどうなっちゃうんだろう?」と
思わせるようなものにできたらうれしいなと思います。


最後まで通した後、冒険のコンテの頭から練習しました。
・最初の2,3拍目のアクションは予備拍が1なので、集中して合わせましょう。
・スライムは大きくなったり小さくなったりを忘れないようにしましょう。
・No.4は4隊型分書いてあるので、それぞれ色分けして軌跡を書き込みましょう。

最後に通して冒険の練習は終わりとなりました。

注意事項
・FCが多いので、コンテに自分がどちらを向いているのか、
 移動中の中間ポイントで何度の方向を向いているのかを
 書き込んでおきましょう。


3.序曲のコンテ練習
最後に序曲のコンテ練習をしました。
序曲はキレのある動きがポイントのようです。

・No.3メンツの拍ずれは、動きは小さくてよいのですばやく動きましょう。
・No.3の7小節目on1で正面を向くときに、外足を正面に向けるのを
 「絶対に」忘れないようにしましょう。
・4人組みで動くような場合は、4人分の動きを書き込んでおくとよいです。

本日は時間の関係でNo.8まででした。


SSの皆さんが普段練習している目黒社教館では段差の練習ができるので、
ひな壇の上から始まる人は一度練習に行くとよいでしょう、
とのアナウンスがありました。

冒険に飛び出した奇跡の4人はこれからどうなってしまうのでしょうか。
これからの展開が楽しみですね(^^) (ふく)