4/7(土)晴れ
メンバー…12名 見学…なし




本日はSSのホーム、目黒区社教館での練習でした。
前半はレクホールでのコンテ練習です。

1.基礎練習
主にディレクションチェンジを練習しました。
HALTのときはつま先でディレクションチェンジします。

2.冒険コンテ練習。No.11まで
・FCの方向をコンテに書き込んでおきましょう。
・No.9のラインは重要です。

3.洞窟コンテ練習。NO.13まで
・フェイスの向きに注意しましょう。
・No.9回転しながらすれ違いは、お互いの位置が近いです。
 まわりこまずに自分の軌道を正確にたどることが重要です。
 カニです。
・No.11それぞれの角度のFCです。
 180回転する人は、時計回り、半時計周りの指定があります。
 コンテに3歩分の軌跡を書いて、それぞれにフェイスの
 角度を記入しておきましょう。

-----------
場所移動のため一時間休憩。

みんなでおやつを食べたり、
コンテチェックや譜面チェック。

この時間でコンテの覚えかた講座が開かれました。
みさっちゃんとみほちゃんには京子お姉さまが、
荒川さんには天羽兄さんが伝授してくださいました。

-----------

後半は研修室で合奏です。
王子が参戦のため、特に金管が充実した合奏でした。
前列はテナー2本による連譜が炸裂。
高音が少なくてちょっと寂しかったです。

1.翼をください
まだカットなどは分かりません。
とても壮大な感じです。

2.序曲
・メロディーの歌い方。例えば18小節目の3,4拍目など
 スラーではなくマルカートで吹く。
・20小節目のためるところ。注意。
・42小節目のテンポを落としすぎない。

3、冒険
・金管のメロディラインを主に練習しました。
・最初からAまではテヌートより。
・それ以降はマルカートより。

合奏後イメトレ練習をしました。
私は天羽兄さんと荒川さんと三人で練習しました。
コンテNo.6のFCが苦手なことを発見しました。

4、闇の洞窟、試練の塔
・Dからメロディーライン大きく。
・37&39小節目と38&40小節目は違いをハッキリと出す。
 特に38&40小節目は大きく。
・42小節目。鋭く、短く、早くならない。(ハイ!)
・Kは2小節ごとの階段状のクレッシェンド。
 2小節目のみに音がある人も同じようにやる。
 87小節目mp, 89小節目mf, 91小節目f, 93小節目ff(MAX!)

5、戦闘のテーマ
・22,23小節目の連譜は大事!
・各所に出てくる6連譜は3連譜へ変更

6、伝説
この曲はあまり動きません。といっておきながら、
絵が浮かんじゃった~とおっしゃってました。


最後に当日と前日の話がありました。
あくまでも現時点での情報です。

5/25前日
18:00~ひな壇を組むので、どさくさにまぎれてポイントを貼る?
18:50~1時間がリハーサルの時間。
この日はティンパニなどの打楽器は借りれません。

5/26当日
15:50前後に本番?
16:30合同エンディング
17:00終演
この日はリハーサルはありません。
打楽器の搬入から最初の団体のリハーサルが始まるまでの
10分間くらい、もしかしたら舞台が使えるかもしれない。
あとは昼休みが使えるかもしれない。とのことです。


コンテも3曲目まで発表されました。
コンテの書き方、イメトレの方法など
分からないことはどんどん周りの人に聞いて
消化していきましょう! (ふく)