4/15(日)晴れ
メンバー…19名 見学…1名(As)




こみゅぷら八潮で午後から練習。午前枠抑えられなかったのは、調整会議での私の力不足。
でも前日の練習後、花見と称してのただの飲み会があったようで、結果オーライだったのかしら。

待ち合わせ場所に行くとA.Saxに見学の廣羽さんがいらしてくれました!
バス停近くでGuardの秋山さんは試飲のレッドブルでエネルギー補給していらっしゃいました(笑)


まずは基礎合奏から。…とその前に、ロマで合奏時に重視しているタッピング(足踏み)の話を。

音楽で最も大切なものの一つ「Tempo」は他人に委ねるのではなく、自分から発信する。指揮(やPerc)など他人に「100%委ねきる」のは、「全く自分の好きなTempo感だけで演奏する」のと表裏一体でダメ、です。
あくまでもTempoという大切な要素を自分から発信することが主眼ですよー。
マーチングだと指揮が見えないこともあるから、がその理由ではないんです。

タッピングをスタッカートで踏むことにより、足を上げたときに裏拍を感じられます。次に行ったリズム練にも繋がるわけですね。


では基礎合奏に戻ります。
・ロングトーン
・四分音符テヌート
・四分音符スタッカート
で、それぞれ8拍ずつ。

タンギングの注意で、今回も大根の例えがでましたね。大根が繋がっていてはいけないってことです。出来る嫁、ふみえちゃん目指して♪

あ、タンギングの発音は[TWO=トゥ]でお願いします。

ここも前の練習日記と重複しますが、ロングトーンで音を止める時は舌で止める。
水道のホースで例えると、蛇口を閉めるのではなくホースの先を指で押さえる。
蛇口(喉やお腹!?)で止めていると音の出だしに時間がかかり、ふぁ~となります。


合奏は
『序曲』・『冒険の旅』・『闇の洞窟~試練の塔』の3曲。
基礎練を書きすぎたので割愛。


合奏中に、予約したMy Hornをソフトケースに背負い、空の純正ケースを抱えたみさっちゃん登場!!
さっそく良い音を奏でてましたよ。団長に調子を聞かれると「オイルくさいです~」とみさっちゃん(笑)


休憩挟んでマーチング練習。
基礎は今回のコンテにたくさんでてくるディレクションチェンジを。
しつこいようですがフォワードは軸足のつま先で、リアは踵でまわります。

こういった、いわば「止め&跳ね」をきっちりとしないとコンテもぼんやりした表現になってしまいます。
基礎練の時間だけでなく、コンテ練の時間にもお互いの「止め&跳ね」に注意を払いましょう!

フロントステージの練習で、何人かはガードポールを使い(案山子みたいに)正面を向く感覚を体験しました。


そしてコンテ練。

『冒険の旅』スライム(イントロ)終わりから。
基礎練のディレクションチェンジが活かされると痛感。
その間、降り番のまいちゃんをぽんくまが指導してました。成長しましたねぇ。

『序曲』は、最初のフェースダウンなど、細かい指示が曖昧になっている人(私を含む)が。
コンテ発表を受けて時間が経っているからこそ、今一度確認を。

『BATTLE FOR…』(戦闘の曲、TITLEのくだりは土曜日の練習日記参照)のひな壇のダンスチームはざっくり(!?)と。コンテの交差チームをダミーを入れて練習しました。
ダンスの間だけは吹かなくて良いんだ、わ~い♪


個人的に今回のコンテは『序曲』でみさっちゃんの隣でニーダウン(おニューのベルにぶつけないよう気をつけます!)、『冒険の旅』スライムではみほちゃん・まいちゃんの近くと、フレッシャーズとお近づきになれるチャンス満載。 本人は昭和ダンスチームですけどね。(^_^;)


午後からの練習はあっという間に21時になりましたぁ。
廣羽さん、またいらしてくださいね!


あ、それと休憩時間に思いがけず誕生日祝いをして頂きました。私とみさっちゃんの。

ロシェ(チョコレート)とクリームチーズ(だったっけ!?食べ損ねちゃった)と、二種類のお飲み物♪を頂きました。
皆様、大人の誕生日をありがとうございました!

団長からはTromboneのチラシ「だけ」のプレゼントを貰いました~。 (みゆき)