6/2(日)晴れ
メンバー…35名 見学…なし



今回の対戦する相手のT社は強いチームであると評判とのことなので、王者エネオスの相手にとって不足が無いライバルです、我々応援サイドも気が抜けません。
序盤は一進一退の闘いが続きました。私たちも相手側に負けじと「応援歌」や「カッセ」等で対応していきます。
さて、今回の応援ではスーザは何と5人もいる編成となりました。
私は中央のポジションで吹いていましたが、常時左を向くと常にスタンダップ状態でチューバを豪快に振り回す西井さんの姿が・・・。今回もカッコいいです///。
そして右では齋藤さんが爽やかな雰囲気で演奏を楽しんでいました。もはや、お二方供歴戦の戦士並みのオーラが出てました。前の列に座っていた谷口さんも初めてとは思えないくらい野球応援の空気に馴染んでいました。そして、谷口さんのサポートを忘れない道下さん、さすがです。

一方、試合の方では流れに変化が・・・何とT社が先制点を取ってしまいました。エネオスも負けじと攻撃の際も積極的に攻めますがなかなか点が取れません。応援側の私たちもハラハラしっぱなしです。
試合が中盤に入った頃、エネオスが念願の点を2点取ることに成功しました。沸き上がる応援サイド、球場に「サンバ」のテーマが響きわたります。このまま逆転なるか・・・!?

終盤に差し掛かって更にT社が追加点を取ってしまい、厳しい闘いが続きました。そこでエネオスサイドでアナウンスが・・・
「皆さん、人生にはまだこれよりもピンチな場面がたくさんあります、このくらいのピンチ逆転しようではありませんか~!!」
熱い・・・D○ポリス並みの熱さですw 私たちの演奏にも力が入ります。

その後エネオスが果敢に攻めますが後一歩のところで点が取れずにゲームセット。
結局、今回の試合はT社の勝利で終わりました。この無念を是非次回の試合で晴らしてほしいところです。後今回来ていただいた賛助の方がロマの練習にも興味があると言って下さった方もいらっしゃったので嬉しかったですね。
今回の壮行試合の応援では色々と印象に残るものが多い1日となりました。 (隈)


**********************************************************************


雨予報はどこへやら。すっかり晴れて、昨年同様日焼けしてしまいました。
雨対策はバッチリでも、日焼け対策に及ばなかった人も…。

今回は、学生さんが大学野球応援に参加したため、ロマと学生OBでの編成でした。
初めて参加の方も結構いたので、うまくまとまるかなと思っていました。
回を重ねるごとに、安定感も増して、演奏に集中できました(スタミナは減る一方(笑))。

今回久し振りに浜田さんの指揮でしたが、サインなどもわかりやすかったです。さすが昨秋リーダータイコもなさってENEOS応援を熟知されている証拠ですね!

とはいえ、まだまだ細かい点ではしっかり確認する部分もありました。
個人の演奏・スタミナ配分もそうですが、バンドとしてのサインの確認もお互い取り合っていきたいところです。
特に、各回攻撃開始時の曲、リーダーかまし後の曲(カッセorバーシティ)、出塁直後の曲(ファンファーレGorチャンピオンショート)が迷いやすいので、サイン発信源に集中しましょう。
本戦から参加の方もいますし、学生さんをリードするくらいでサイン確認し合えるといいですね。少しでも不安要素が減れば、試合やチアの踊りも観ながら楽しく応援できますよ!
今年は試合展開に目を向けるのが個人的目標です(笑)。

わたしが応援に参加してからずっとファンだったあの方が海外転勤で応援に参加されないとのこと…あの歌声やMCが聴けなくてザンネンです。

今回初めて参加してくれました皆さんも応援を楽しんだり、楽器演奏の刺激を受けたり、楽しかったと言っていただけたのが嬉しかったです。
本戦もどうぞよろしくお願いします。

目指せV11!! (ヒロセ)