8/18(日)晴れ
メンバー…8名 見学…3名(Ss・Tp・Perc)



私自身一月半ぶりの練習となりました。本日の練習は夕方からということもあり、メンバーの参加者は数人だけとなりましたが団員以外からは野球応援からお世話になっています赤城さん(私は初めてお会いしました。)と元メンバーのハチさんが練習に参加して頂きました。そして見学者として坪田さんと本間さんのお二方が来ていただきました、ありがとうございました!!

まず、合奏を始める前に各パートに分かれてリズム練等の練習を行いました。パーカス経験者の本間さんは広瀬さんと、初心者でラッパ希望の坪田さんは団長とそれぞれワンツーマンで練習していきました。
私自身は米田さんとハチさんと一緒にリズム練に取り組んでいましたがタップのリズムがたまに怪しかったりとまだまだ安定しない部分があって悔しい・・・です。

その次は合奏に移りましたがロングトーン、倍音、リズム練とロマではお馴染みの各練習を時間を掛けて実践していきました。音の出だしと終わりをはっきりとさせる、毎回リズムに乗り遅れないタイミングでブレスをする等今まで何度も注意されてきた事ですが意識していてもうまくいかない場面があり、まだ自分の中で基本が定着していないと感じました。

合奏の次は動きの基礎練に入りましたが、フォワード、リアの動き方にしても各ポイントを細かくチェックしていきました。途中二人一チームになって動作の確認をしていきましたが、私の場合は上体のブレが出ていたことを指摘を受けました。前からステップを踏みながらの演奏が安定しないことを感じていましたので、基礎の部分と応用はリンクしていると改めて再認識しました。
後、今回参加している赤城さんはマーチング経験者とのことですが、ロマ独自の足運びに苦戦していたご様子でした。浜田団長からロマと通常のマーチングの違いについて補足がありましたが、通常のマーチングの場合は足踏みの時に足を上げる動作の際につま先を下に向けているので、ロマでの動きと比較してみると双方イメージが違うと感じました。慣れ親しんでいる、も要因の一つだと思いますが浜田団長のおっしゃる通りロマの方が自然な印象を受けました。たまに比較してみると新たな発見があっておもしろいですね。
その後はロの字の動作を数回行って今日の練習は終了でした。

本日は曲演奏自体はありませんでしたが、各基礎のポイントとの再確認が出来ましたので、穏やかながら充実した練習となりました。2月には大きな本番を控えているのでロマ自体も来月から徐々に急がしくなってはきますが、今回のような規模の小さな練習でも吸収したことを次回に活かしたいところです。 (隈)