11/24(月祝)晴れ
メンバー…13名 見学…なし




●午前

今朝も7時から食事でしたが、女子は若干出遅れ?…浜田さんと男子メンバーが朝食準備をしてくださっていました。ありがとうございました。


17時退所のため、朝の練習を早めてスタート。Intoのコンテ確認からでした。
No.1〜2の暗闇での動き表現に取り組みました。何も見えない恐怖や不安や焦りなどを表現します。カッチリ指定されたアクションなどはありません。
動きのきっかけは、目立つフレーズにあります。まずは曲の流れを掴むコトですね。しかもこの部分は明確なメロディーが見つけにくいです。きっかけとなる譜面が欲しいですよね。ハイ、早急に作ります!

実際に部屋を暗くして、各々試行錯誤を繰り返しました。皆さんのどんな引き出しが開くか…。
他の人がしないようなコトをするのも1つのヒントです。(周りが前進していたら自分は後退するとか)
道下選手の急な出現にもビックリしないようにしましょう(笑)。
真っ黒なコンテのイメージをどれだけ観客に伝えられるか、皆さんで一緒に作り上げていきましょう!

今日から参加の、みゆきさん・ふくちゃん・中村さんも無事到着しました。
中村さんには学祭本番に続き、carnaval本番もお世話になります。ということで、即Intoコンテが贈呈されるのでした。
このあとは例の早くなるところからの確認でした。
今日の段階でできるところを通しました。

残り時間は、サクッと合奏しました。
Intoの闇の部分、きっかけのフレーズがあるパートは、指揮のザッツを見て入れるようにしましょう(休符を数えない)。
12小節目の1拍目Hrフレーズは、「mozo来る〜♪」です。
Kyou-kiやトロピは合奏中も軽く足やベルを動かして、動きとリンクさせましょう。拍割を染みさせる近道です。
BAMBOOのボイス隊の動きが楽しみですね。

今回はガッツリ本職復帰ですが、恩蔵さんにタイコパートと認識してもらえて良かったです!
目覚ましシンバル頑張ります(笑)。 (広瀬)


**********************************************************************


●午後

午後は17時に退館とのことで短い時間での練習になりました。この日の練習では個人的に反省点がたくさんありました。

自分でも耳の痛い話ですが、短い時間で効率よく練習を進めるためには、参加者1人1人の練習に臨む姿勢が重要なんだなと改めて実感しました。


ロマには学校の先生も何人かいますが私も仕事でセミナー講師をやります。私が教えるのは物理や数学などですが、受講生の習熟度に差があるときはセミナーを進めるのがとても難しいです。

初心者のペースに合わせつつ、中級者のモチベーションを維持しつつ、限られた時間をどちらにとっても有意義な時間にしたい。講師はたくさんたくさん考えてセミナーに臨むのですが、しかしながら、この両立は難しいのです。


ロマのコンテ練習においてもこの課題はついてまわります。一曲通せる人、初めての人、何回かやってる人、状況は様々です。

受講生の人数が多くてレベルも様々。とても講師1人ではセミナーを進められそうにない。そんなときはアシスタントを付けてもらいます。例えば演習問題でつまづいている受講生がいる場合、個別で教えて全体の流れが止まらないように手伝ってくれます。

コンテの練習中には、今でも先にできるようになった人が分からない人に個別で教えてくれてますが、アシスタント的な人が1人いるといないのとでは練習の進み具合は全然違うのだろうと思います。教えられる人がどんどん増えたら、練習もどんどん加速していくんじゃないかと思います。そのためには、予習・復習・意識の変化が重要ではないかと思いました。


練習を進めるためには参加している皆さんの協力が欠かせません!
土日を練習に使えば平日の生活も忙しくなってしまい、しんどくなっていくもの経験済みなのでよくわかります。(土日に家事ができないのも、体を休められないものツライですよね(>_<))

それでも、皆さんからもらった時間を有意義なものにしたくて、コンテを教えてくれる人、譜面を作ってくれる人、練習場所に電話をしてくれる人、交通手段を調べてくれる人、器材を運んでくれる人、会計をしてくれる人、などなどたくさんの人達が心を砕いてくれています。

コンテをもらって帰ったら、1ページでも多くマークして、1章節でも多く譜面に書き込んで、分からないところもチェックして「ちりも積もれば山となる」を合言葉に空き時間にちまちまと進めていきましょう!不思議なもので、平日の5日でいつの間にか1曲終わってたりしますよ(^^)



と、まったく練習日記になってないので(笑)練習内容も書いておきます。

午後は『Kyo-ki』のコンテ練習のみでしたが、この曲は長いので発表済みの部分が虫食いだったり、拍割が細かくて理解するのに時間がかかったり、回ったウェーブしたり飛んだり跳ねたり、とにかく初めてやるときは大変です。

私はこの日発表だった422-222-332-332(電話番号?)な部分では、後ろにいるさおりちゃんが「下がって上がってまた下がる」と何度も教えてくれているのに、それとコンテに書いてある軌跡が結びつかずにしばらくフリーズしてました。(さおりちゃん、ありがとう!)

周りは動けてるのに自分だけがフリーズしているときの孤独感や恐怖感はかなりキツいですよね。それを支えてくれるのはやはり周りの声掛けだと思います。

「まだ自分のことだけで精一杯です」という本音を乗り越えて、周りにどんどん声をかけて行きましょう!
あなたの一言が誰かを救います!



さて、コンテはNo.41から最後までと最初からNo.16までを練習しました。

・No.46からNo.52までは、コンテ上で8㎜、9㎜、10㎜、11㎜と広がって行きます。

※No.48は右チームの中間ポイントが抜けています。一番前のA4とTp2の中間ポイントを結び、8㎜間隔でポイントを打てば右側の列の中間ポイントの出来上がり♪左側のA3の列も出し方は同じです。分からない人は同じ右チームのメンバーに教えてもらいましょう♪

・No.53のfreeは軌跡が決まっているので浜田さんに確認しましょう。

・No.54の182章節め、ホイッスルでFCするときは左足軸で回りましょう。

・No.55「on 1進行方向」の指示は消します。(その前にホイッスルで進行方向を向いています)


17時には敷地から出ないといけないとのことで、慌ただしく帰りの準備をしてそれぞれ帰途につきました。

電車組は醍醐君の的確なナビによりほどなくバス停につき、特快電車のボックス席に陣取ってそれぞれの出身地の方言の話で盛り上がりました。

これからどんどん寒くなっていきます。空調のない体育館での練習ですので、温かくして、ホッカイロも常備して、風邪をひかないように気を付けましょう! (ふく)