3/19(日)晴れ
メンバー…12名 見学…なし



●午前

はじめましての方も多いと思うのですが、5月の本番にバスドラで参加させて頂くことになりました政井と申します。宜しくお願いします。小学生ぶりに「まーちゃん」というニックネームで呼ばれています。

私にとってはロマ練習参加4回目が、今回の合宿です。さっそく、練習内容を振り返っていきます!
2日目は、朝7時半から朝食。美味しかったことは覚えているのですが、半分寝ていたため、メニューがヨーグルトしか思い出せません……

さて、8時過ぎから早速練習です。昨日はできなかったので、今日はまず合奏から!

ロングトーンやスケールなどの基礎練をやって、曲順に合わせて合奏していきました。前回まで、合奏の時はバスドラを置いた状態で叩いていたのですが、今回から身につけて叩くことにしました。置くのと持つのとでは太鼓の位置が変わるので、もちろん手の使い方も変わってくるわけで。私は右利きなので、左側が叩きにくくてリズムがヨレやすいので意識して練習しました。
普段はピアノを弾いているので、それに比べるとバスドラはやることがとてもシンプル。始めは飽きてしまわないか心配だったのですが、そんなことは全くなく、むしろストイックに4分音符を叩き続けていると何か燃えてくるものがあります(笑)
あと、ひたすら4分音符の曲などは他の人のパートを聴いていないと迷子になってしまうので、色んな人の演奏を注意深く聴けるのもバスドラの楽しいところですね。皆さんの個性が把握しやすいです。音を合わせるのも4回目なので、だんだん溶け込めてきた感覚もあり、とても楽しく合奏出来ています。

その後、私は15時に早退しましたが、そこまでは「闇の洞窟」のコンテ練をしました。

個人的な課題は、
・始めの7小節間の2拍1歩の動きが堅い
→ これは、数え方を細かくウラ拍まできちんと感じると滑らかに動けるという事が判明したので、あとは練習を重ねるのみ。

・ところどころ、バスドラがぶつかりそうになる
→ 実際一番心配なのがこれなので、早く動きを覚えて楽器を持った感覚に慣れるしかないと思っています。

・途中、曲調に合わせて360°の回転がありますが、そこをつい忘れて出遅れてしまう。
→ この曲に限らず私は【場所を動かずにその場で動く振り付け】が、ニガテでなかなか身につきません。
その理由………ポジションごと大きく動く時は、周りの人を頼って合わせるように動く【イワシの大群の中の一匹】に近い感覚でやってしまっているので、自分一人でその場で振りを覚えて動かなければいけない時になると、振りを忘れて挙動不審になる………という他力本願な自分の甘さに気付きました。一匹で大海に放り出されても、迷わず泳げるイワシになれるよう自主練します。

「闇の洞窟」は、ウネウネした道を表現する部分があり、自分のポジションだけでなく周りの動きを把握しておくのがとても役に立つので、そこは【大群イワシ】っぷりを発揮してキレイなラインを作りたいです。その他、回転やディレクションチェンジなどは、まずは自分一人でしっかりと予習復習して、揃った練習の時に正確なポジション、足の運びを身につけていくのが近道かと思いました。

以上、ほとんどが個人的な内容になってしまいましたが、2日目の前半レポートでした! (政井)

************************************************************


●午後~夜間

仕事都合で2日目午前から参加の、Trb.みゆきです。
同じく2日目から参加予定の高橋夫妻がなかなか現れないと思ったら、車がパンクして到着が遅れると連絡が・・・

到着次第「冒険の塔」コンテに切り替えるよ、とボス(ラスボスじゃないですよ!)の指示。
で、「闇の洞窟」のコンテから。

午前中に合奏したばかりだったので、歌いながら動くとさっきの合奏が頭の中に流れて、闇~はほとんど譜面が真っ白なTrb.は動きが入りやすいと感じました。
合奏、大事ですね!

No.10とNo.12、回転の練習を重点的にやりました。
せっかく5:30に家を出て神奈川から東京、埼玉をまたいで群馬の鬼石まで来たのに、No.10のA(前)チームは私だけという。
(  ;∀;)
丁寧にやっていただいたので、個人的な足の運びは理解できましたが、果たして交差できるのか・・・

回転は足の運びを足👣の絵でコンテに大きく書くと良いそうです。私は、リア・リア・フォア・リアとコンテに書いて、ちゃらららちゃららら~の曲に合わせてリアリアリアリア~って歌ってます。
はい、何せ譜面が真っ白なので(木管の皆様、申し訳ありません)

コンテ練習にまだ慣れていない方は、まず拍割り(曲と動きを連動させる)を頭に入れる事が優先です。
これができないとイメトレも出来ないですもんね。

そして高橋夫妻はまだ到着しませんが、「冒険の塔」に突入。
気がつくとあっという間に夕飯の時間。

体育館を降りたタイミングで、高橋夫妻到着。
運転にお疲れの旦那様はがっつりおかわりして夜の練習に備えてました(笑) (みゆき)