10/21(土)雨
メンバー…11名 見学…なし


初めて行くニューサンピア越生。どんな施設でしょう。越生駅周辺は長瀞&鬼石みたいな感じです。
施設に着いたら、ホテルのような雰囲気が!越生名物の梅にちなんだお土産も売っています。大衆演劇一座によるショーも開催していました。体育館のすぐ脇には、温泉に向かう入口が~日帰り温泉で浴衣も貸してくれるみたいです。もう泊まりたいですね(笑)。

さて本題。降りしきる雨の中遠方まで10数名お集まりくださいました。半分以上揃って練習できる日はあるのかなぁ…。

バスケコートは、ほぼ本番仕様ですが、スリーポイントライン周辺がちょっと違っています。

まずはタンスから。ほとんど一通り発表は終わっているので、再度各ステップなど細かい確認をしました。楽器を持ったときのボディバランスに馴染んで、アクションできるようにしていきたいですね。
拍割が染みていなかったり、ケアレスミスで動作完了すべきタイミングで間違ってしまうことがまだまだあります。

1度間違えて動いてしまったら、その場でごまかさないのは皆さん守りましょう。次の動きでリカバリーするのが大切です。

それから、何度も拍ずれで動くパターンがありますが、単に数字で拍をカウントするのではなく、その箇所のメロディや自分の譜面の音とリンクさせて覚えましょう。数字だけだと数え間違いや飛んでしまったときに繋がらなくなってしまいます。

自分の動くタイミングは何拍目か、上下前後どちらか迷うこともあります。そのとき様子を伺って曖昧に動かすのは、ダメ!ゼッタイ!です。全体の動きのアーティキュレーションを壊しかねません。

ミスは誰でもありますが、やっぱり本番で間違えるのは恥ずかしいですよね。間違えないようにだけ意識しているのも、演奏やアンサンブルを楽しめないですよね。なかなか練習外の時間でさらうのは難しいかもしれませんが、本番までイメトレを積み重ねていきましょう。積み重ねた分、楽しめる瞬間が増えますよ。

千葉ジェッツの歌は、インテンポに慣れるのと、指揮が見えないときのテンポキープが課題です。まだまだわたしもコワいです。バテてテンポについていけなくなりそうで…。

個人的にはこの本番は結構カラダ張ってるなーと思っていて、今後のスタミナ配分調整を考えているところです。本気タンスは1日1回までにします(笑)。 (広瀬)