昨日: 今日:

2014

『Redo-Carnaval.』 合宿 3 (三浦二日目)

12/7(日)晴れ
メンバー…13名 見学…なし



●午前

合宿2日目の午前中は、おぎーが午前中までということで「Kyou-ki」を発表しながら進める形になりました。

この時間帯は何度か練習参加していたりロマのコンテに慣れているメンバーが多かったため、比較的サクサクめで進んでいきました。
が、だからこそ意識しなければならないこともいくつかあります。

・何歩目でどのライン上にいるか?誰とどのようにすれ違うか?(No.23〜24とか)
・ポイントに着いた際、どのようなラインができているか?(No.41〜とか)

人が少ないと、上記を意識しなくても目立った間違いをしなければ通ったように見えてしまいます。
が、人が増えてきた時に事故につながりかねません。
特に狭い中でのMoveやフロントベル系のベルUP→DOWNがいい加減だと、ケガの原因となることもあります。
普段から人がいることを想定し、ここでこうなるはず!というのを考えながら取り組みましょう。
それを意識していれば、あまり慣れていない人、これから新たにコンテに乗る人に対してもうまくフォローが利くようになり、練習の効率も上がります。

あとは浜田さんの言葉と道下が感じたことを1つずつ。

○キレ
動作にキレがあるかどうかは、アウフタクトでの準備とon1での動作完了が大きな要因となります。
特に楽器Attenntion/OFFのアウフタクトで腕をきゅっと締めるような動作を入れるとキレが増します。

が、コンテは音楽の表現なので、いつでもどこでもキレを出せばいいわけではありません。
例えばNo.28のMove12直後のHALTは優しい曲調なので、HALTを強調せず「そっと」止まることが大事です。

○声
コンテ中の掛け声(「せーの!」とか「HALT!」とか)って、実は周囲に大きな影響を与えています。
後日の練習になりますが、HALTスタート時にアウフタクトで「せーの!」と言ってしまッた時、思わず動きだしてしまった人を見て切実に感じました。
特にまだ曲に慣れていない人にとっては重要なガイドとなります。(自分が初心者だった頃を思い出してみましょう)

何度か練習に来ている人は、積極的に声を出していきましょう。意外と後から効いてきますよ。


あまり上手くまとまりませんでしたが、いろいろなことを感じた時間でした。 (道下←遅筆:ベテラン)


**********************************************************************


●午後

午後は合奏からスタートしました。
昼食の鶏天丼をいつもの2倍のスピードで黙々と摂取した結果、苦しすぎてロングトーン部分が途切れ途切れにしか吹けないという予想外のハプニング。不覚です。

本日朝からの参加だったのですが、譜面とにらめっこをしている間に、気づけばバスは海沿いを走っており…富士山すごくキレイに見えるけどここはどこ?
という嬉し悲しい事件。考えてみれば朝からハプニングなスタートでした♪

結局、合奏で1番苦しまずにできたのは、BAMBOOでした。
両腕に鈴を付けて、per、voice、鈴で録音。
何度か行ってもなかなかうまく音が入らないという、BAMBOOの神様がお怒りなハプニングもありました♪
闇練では職質必須で命懸けなので、大声出し放題なカラオケでの練習がお勧めですね。
両手にタンバリンorマラカスを!

今回の合奏で感じたのは、コンテの情報を書き込んだ譜面を使うと、座奏でもコンテの動きが確認できるのは当然なのですが、その譜面に見入るというより、逆に前回より譜面から目を離す時間が増えたという事です。
せっかく情報を書いたのにもう少し使わないともったいないような気もして矛盾を感じますが、情報を網羅した譜面を使うためだけではなく、それらを書き込む作業自体も、暗譜や情報の整理に役立っていて、最終的に譜面を早く手放せるのではないかと思いました。


コンテ練は、within youの途中までのコンテ発表、kyo-kiでした。
within youは、そこまで難解な動きはなく、歩数の割に移動距離が短い所が多いです。
その分、音をしっかり、丁寧に!を心がけましょう。


kyo-kiは、何度かコンテ練をしていますが、今回は、ポイントが近かったり、移動ですれ違いになるようなメンバーがいつもより多かったので、今まで見えなかった隊型がはっきりして、自分の着くべきポイント、歩幅、タイミングを今までより注意して動けました。今まで周りに人がいない時は、不自由なく動いていた点が実は要注意なところだったり、間違って覚えていた点も何ヶ所かあり、修正できました。
指摘して下さった皆さんありがとうございました。
人が揃っていない時でも、隊型の変化や中間ポイントなど、もっと周りの動きを意識できる、そしておかしなところがあれば気づける、声をかけられるように……イメトレですね!


Uもん先生の名言、「イメトレしながら寝落ちしろ!」
いつも始めてから数十秒でアウトですが、効果を信じて落ち続けようとおもいます。


本日の浜田さん名言集で1番心に残ったのは、
「心をひとつに」です。
kyo-ki、王子さんソロ明けのあそこの部分の練習時にて♪ (さおり)


**********************************************************************


●夜間

ほとんどの人が帰宅し、残ったのは結局ベテラン勢ばかり。日曜宿泊というやや禁じ手まで駆使してこの時間帯を入手したのですが…。

それでも意義深い時間になりました。

『Kyou-ki』や新曲の発表に時間を割かれる中、ややもすると手付かずになりがちな『TROPI』をベテラン勢オンリーでじっくりと確認。やはり王子は未発表でした(とは言え王子は、いきなり頭から続けてられても周囲を見てちゃんと動いていたのでした)。

この曲は人数が少ないのですが、細かい指示が多くコンテを読み解くのは至難の業です。描いた本人が言うのだから!←キッパリ

そしてその本人が忘れていた肝心の細かい指示を皆で推理し、ようやく解析に成功。
スッキリと夜の練習を終えたのでした。 (浜田)













>ベテラン勢

(。°д°。) …俺もですか!? (みっちー)

『Redo-Carnaval.』 合宿 3 (三浦初日)

12/6(土)晴れ
メンバー…8名 見学…なし



●午前

今期初参加のおぎーです!
よろしくお願いします~
多目的ホールは2面貼れる広さに2階から撮影ができる環境でした!

まず、
Kyou-ki終わり~Within youは39小節目までの動きが発表されました。

変拍子で覚えにくいと思いますので、メロや動きだしのきっかけになる音で覚えていきましょう!

BAMBOOの動きの発表がありました。
カレッジ特有の動きはなかなか慣れないと思いますが、反復練習して体に染み付けてBAMBOOを楽しんでいけるようにしていきましょうー (おぎー)


**********************************************************************


●午後

午後はKyouーkiのコンテ練習でした。
今回も少数精鋭授業なカンジでしたが、人数少ない分細かいトコロをお互いチェックできますね。
単純な動きほど、足運びなどのアラが目立ちます。動きが染みてないうちから、変なクセをつけないように正しい動きを身につけましょう。
これからまだまだ、初コンテのメンバーが増えてきます。Move・HALTや隊形の特徴(半円・回る・FTLなど)のタイミングをバンド全体に発信していきましょう。せーの!とか、HALT!とか。
間違えても誰も怒らないので(一瞬恥ずかしいけど)、勇気出して言ってみてくださいね。いつも同じ人より何人からも声が上がるといいなと思います。

今日の練習部屋は、多目的ホールで
、コンテも2面貼れるし、ビデオもいい角度から撮れます。ただ……床が砂だらけで滑りやすいのが難点でした。そばが砂浜で海風で砂が入りやすいのでしょうね。
三浦のYMCAは、薫さんが毎回手続きしてくださいました。赤ちゃんのお世話でお忙しいところありがとうございました。食事もおいしかったですし、築30年くらい?ですが、なかなかいい施設でしたね。

埼玉県民にとっては小旅行で、4:30起きの身には眠気との闘いという午後練習でした(笑)。 (広瀬)


**********************************************************************


●夜間

夕食後は、Kyou-ki・Tropiのコンテ練を行いました(すみません、記憶が曖昧です・・( ´△`))。

夜は男性部屋に集まって練習時のビデオ確認後に近くの人で少しミーティング。

本日発表があったBAMBOOは、メンツの1つ1つのポーズをビシッと決めるとカッコいいですね!あとは動きが飛んでしまうところがだいたい決まっているので、そういう箇所を意識的につなげて覚えられるようにしたいと思いました。
初カレッジの石井は、、3QTやAFなどちんぷんかんぷんでした(笑)要練習です\(>_<)/でもBAMBOOコンテ楽しいです♪

Kyou-kiもそれぞれ注意点が出されました。とにかく長いので、個人毎でもパートやセクション毎でも沢山の注意ポイントがあると思います。その時にチェックシートをどんどん活用していくことが大切だと改めて思いました。
普段の練習中ではみんなで何度も確認できないところでも、自分の弱点をとにかく書き出しておくだけでも、家での練習などで役に立つのではないかと感じました。まだ自分でも活用しきれていないとは思いますが、自分なりのやり方で上手く活用していきたいです! (美帆)

『Redo-Carnaval.』 合宿 2 (長瀞二日日)

11/30(日)曇り
メンバー…13名 見学…なし



●午前

朝練からkyoukiのコンテ練に取り組みました。前夜見たビデオでは、特に冒頭の門が開く場面やKD&BUが気になりました。やはりお客さんの目線で見てみると気付かされることが多いです。

門が開いてガードが登場する所では、私は1番目に動き出すので油断するとすぐ遅れてしまっていました。イメトレで、MTの後はすぐ動く!とインプットしなければならないと実感しました。
コンテの動きを繋げたりフェイスの向きを体に覚え込ませたりするために、イメトレは大事だと改めて思いました。練習の時に、こうした動きの変わり目で間違えないようにしたいです。

何度もkyoukiをやってきたので、いつどこで誰とすれ違うのか、だんだん把握できてきました(^o^)
ですが事前にコンテで確かめておくことも大事ですね。コンテに全てが書いてあるので。
コンテを知り尽くして、もっと周りを見ながら歩けるように頑張ります。 (みの)


**********************************************************************

●午後・夜間

午後はTropiとkyou-kiのコンテ練でした。
 
合宿費用の支払いから戻ると、Tropiのコンテ練が行われている中、
 
川村さんが困り顔でkyou-kiコンテに向き合っていたので、
一緒に右往左往しながらkyou-kiに取り組みました。
指摘も難しいのに指導はさらにハードルが高く、両方まともにできませんが、
一緒に迷っていると自分のできていないところや分かっていないところが再確認できます。
しかし、よくわからないコンテによく分からない説明をされているにも関わらず、
さくさくと理解していく川村さんは素敵です。
 
その間、Tropiは最後まで辿りついたようです(多分)。
 
残り時間はkyou-kiを比較的丁寧にさらっていきました。
だいたい言われる事は同じで、特に新しい事はありません。
書き出したらキリがないので、練習に出たメンバーは次の練習でシェアしましょう。
 
時間切れで最後までは行き着きませんでしたが、各々発表を受けたところは理解が進んできましたので、慣れない人が入っても進み方が早くなりました。
ホルト明け動き出しの声かけなども有効です。
 
ゆっくり吹きながら歩く、も数隊形やってみました。
問題点は多々ありますが、音を出して歩くことができたのは大きいのでは。
とはいえ、曲数を考えれば、そろそろ吹いて通る曲が欲しいですよね。
 
kyou-kiだけではないですが、ステップ中心で魅せるようなコンテではなく、
ストーリーを追うようなつくりでもないので、今まで以上に歩き方やカタチの意識が課題になると思います。
私自身もまったくできていませんが、初めての人や慣れていない人は、さらに難しいはず。
王子の言葉でもありますが、意識なしにある日突然できるようにはなりません。
今から歩き方を意識して積み上げていきましょう。
そして、顔を上げて目線を上げること。
難しいですが、足元のポイント探しに必死にならず、周囲に目印を求めましょう。
印象の55%を決めるのは視覚情報と言われていますから、見た目重要ですよね。
 
慣れていない場合は特に、変な癖がつくと修正が大変です。
今のうちから、違う動きをしている人、ディレクションチェンジやフェイスチェンジ等が
よく分かっていない人に気づいて、一緒に向上していこうという意識で取り組みましょう。
 
『Redo-Carnaval.』は、成果発表会ではありません。
そして、主催団体としてプロと同じステージに立つことになっています。
プロと素人の境界はよく分かりませんが、大抵の場合、素人の技術とその道で稼いでいる人の技術は違います。
それでも、「心を動かす」という点では、素人の本気はプロに引けは取らない思っています。
 
私達は、同じメンバーで演奏することは二度となく、同じステージもできません。
ダイバーシティ(多様性)の見本市のような私達が、本気で時間をかけてベクトルが一致したときのエネルギーは、自分達にとっても心が動くものになるはず。
 
余談ですが、「きょうき」は、思ったより同音異義語が多くて驚きました。
凶器、狂喜、狂気、くらいはすぐに思いつきますが、驕気、驚喜、驚悸、驚起、強毅、強記、侠気など。
どの「きょうき」になるのやら。
そして、最近、参考に見ている以前の本番DVDの中に、本番直前の浜田さんからのメッセージを発見。 (相賀)
 
『kyou-kiの中には「あなた」がいます。』

『Redo-Carnaval.』 合宿 2 (長瀞初日)

11/29(土)雨
メンバー…12名 見学…なし



●午前

昨年もお世話になった長瀞げんきプラザ。個人的な話ですがインフルエンザで引きこもった後、5日振りの外出でした。

入所式を終えて体育館に行くと、車組の皆さんがすでにポイントを貼って下さっていました。
ありがとうございました。

まずは「Into~」のコンテから。
頭のFreeをやりました。

まず全員で動いた後、半分に分けて他のメンバーの動きを見ました。
静と動は半々との事。

MOZOはコンテにも書いてありますが、動きではなく「止め」です。
まだ何を表現したいのかまとまって無いので何だかよくわからない感じになっていたと思います。

チェックシートには、A王子が言っていた…
「ストーリーをつくる」
と書き記しました。


まだストーリー決まってません。( ノД`)… (みゆき)


**********************************************************************


●午後

バレエシューズを忘れ、靴下に白ガムテープを貼って、簡易バレエシューズ(サロンパスごっこ?)で踊りました。忘れ物するのは本当に辛いです。

午後の日記担当のざっきーです。
午後は2曲、コンテの練習をしました。

*Into*
最初は闇コンテ以外の部分を色々確認。短い曲ですが、覚える事が膨大な感じで、すでに腹八分目くらいです。

次にメロメロ譜でポイントになる音を確認。色んな楽器の音がポイントになるので、要チェックです!!

メロメロ譜で確認した後は、実際に動いてみました。
自由に動いてという、アドリブが苦手な私は、とりあえず目隠しして歩いてるイメージでやりました。

いつも思いますが、何かを表現するとき・伝えたいことがあるとき。

言葉で伝えても、個々の捉え方で違いが生じるのに、言葉以外で表現するのは、とっても難しいものです。全力で恥ずかしがらずにやらないとダメだなーって思っています!

*Kyou-ki*
ガードのふりが、ある程度固まってきました!!
なので、ショートだったり、レギュラーだったりを、動きながら振るがこれから多くなります。
メンツの皆様、楽器と身体に当てないように十分注意しますが、身の危険を察知しましたら、即座に退避願います!!

これから、どんどん寒くなって身体が冷えてきますが、動くときは準備体操をお忘れなく!! (ざっきー)


**********************************************************************


●夜間

夕食後は体育館で『Kyo-ki』のコンテ練習から。

みんながKD Move やらウェーブやら練習中、私は1人過去映像を見てAM の解析。その後No.35から練習するも右チームは私1人、他は全員左チームという悲劇。気合いで立ち上がってもジタバタしても1人。そしてビデオに映らない(T_T)いいんです。こういうときもあるんです。いつか右チームが逆襲します!!


入浴後は団長の部屋に集まって練習中に撮影したビデオを見ました。『Kyou-ki 』No.36の左チームの動きは見ていて面白いです。これもそれぞれがしっかり自分の動きをやっているからこそのことなので、自分の動きには責任を持たないといけないなと改めて思いました。


映像を見た後はガード、パーカッション、管楽器チームに分かれてそれぞれミーティングしました。

管楽器チームは王子からコースタイルという歩き方、FS(フロントステージ)をきっちりやっていこうという意見が出ました。

FS(フロントステージ)って単純に難しいですよね。
特にマーチング未経験者にはとても難しいです。
FC(フェイスチェンジ)だらけのロマコンテならなおさら難しい。
その上、慣れない楽器をもってダミーで入ったら(以下省略)

とまぁ「できない理由」はいくらでも探せるのですが「やってみよう」と思わなければ何も変わらないわけで。できることからコツコツと。塵も積もれば山となる!です!


私は歩き方についても「ぽてぽて歩く」「膝が曲がっている」と注意されましたが、自分ではなんのことかさっぱり分かりません。つまりは意識しないと出来ないってことです。

拍割り、進む方向、次のポイント、フロントステージ、姿勢、練習が進めば音や楽器の位置も。これらのことを意識した上で歩き方まで意識できるか否か。その答えは一人一人の中にあるのかな。なんて思ったりしました。

仕事でもそうですが、何事も口に出して注意してもらえてるうちが華ですよ(^^)/


その後、私は京子さんと譜面の確認をさせてもらいました。
Fl/Piccパートというのは、メロディでも裏メロでも伴奏でもない、ふしぎで真っ黒な譜面をやっていることが多いため、演奏していても合っているのかどうかわからないことがあります。そのためヒントがほしくていろんなパートの譜面を覗かせてもらうのですが、近い音をやっているパートの譜面を見せてもらうのも有効です。

みなさんも興味があれば他パートの譜面をのぞかせてもらってみてください。(迷惑にならない程度にね!)ちなみにAsはだいたいメロディか裏メロなのでとても吹きやすいです。


以前はちゃんとPiccで吹けていたトロピのAができなくなっていてかなりの衝撃を受けている今日この頃ですが、そこはいったん受け止めて、また最初から練習しようと思います。今吹けなくても諦めなければできるようになるものです。まだ時間はあります。なので、16分音符が得意な方、譜読みに付き合ってください☆


そうこうするうちに夜は更けて明朝の朝練に続きます。管楽器チームは「イメトレしながら寝落ちしろby うめもん」を確認しあってそれぞれの部屋に帰るのでした♪ (ふく)

2014平日練 24 (祖師谷区民集会所)

11/28(金)曇り
メンバー…5名(浜田・二瓶・しま・さおり・おぎー) 見学…なし



本日は祖師ヶ谷大蔵での練習です!
メンバーは浜田さん一家、さおりちゃん、しまちゃん、おぎー、二瓶でした。

IMG_2677





ポイント貼りのお手伝い


練習始め、浜田さん一家が机でご飯を食べている間、横で一人イントゥやるのは我ながらシュールでした(笑)

今日は自主コンテ練がメイン、各々コンテを確認しながらの練習となりました。

また、こないだお財布を無くして大変だったしまちゃんも何とか練習参加出来ました!
落ち着いたようなので、またカルナバルまでよろしくお願いします(^_^)
今回しまちゃんはTpで乗るかも?今後に期待です!

おぎーも茨城県友部から帰宅してからの練習参加!
前回アンダーグラウンド参加時はHrで降り番だったらしいので、一緒に自立するコンテを読んでいきましょう(笑)

浜田さんは次のコンテを全力執筆中!
新しいコンテが発表される前に発表済みコンテは最低拍割りだけでも出来るようにしておきたいですねー。
拍割りが出来ていればそこから仕上げていく作業になるので合宿で成果が出やすくなります。
練習でありがちな『毎回同じ注意点が出る』事を少なく出来て、浜田さんの負担も軽くなります。
言ってる二瓶が一番拍割り怪しいんですが・・・みんな頑張ろー!(  ̄▽ ̄)

最後に、寒くなって乾燥してきてるので風邪気味な人が増えてきてます!
本番前の大事な時期なので、手洗いうがいやインフルエンザ予防接種を受ける等々体を大事にしていきましょう!
健康第一(^_^) (平日王子)
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

Copyright エステティック ロマ All Rights Reserved.